ピックアップ記事

「渓流ベイトフィネスリール」バックラッシュが頻発して使い物にならない場合の対処法

渓流ルアーフィッシング渓流ルアーフィッシング

渓流ルアーでベイトタックルを使用するメリットは、スピニングタックルに比べて比較的簡単にピンスポットにルアーを打ち込むことができたり、ルアーの回収後すぐにキャスト動作に入ることができるといった手返しの速さがありますが、ベイトタックルはキャスト時にロッドにルアーウェイトをしっかり乗せないとバックラッシュが起こってしまうという難しさもあります。

スピニングリールは、固定されたスプールにラインが巻いてあるので、よほどのことがない限りキャスト時にバックラッシュなどのライントラブルは発生しにくいのですが、ベイトリールの場合はスプールが回転してラインを放出する仕組みのため、ラインの放出スピードよりもスプールの回転速度が早ければすぐにバックラッシュしてしまいます。

特に、渓流ベイトのような5g以下のルアーを使用することが多い場合は、バックラッシュの頻度はさらに高くなります。

そこでバックラッシュが起こりにくいブレーキ調整やキャストの方法を詳しく解説していきます。

バックラッシュしないベイトリールなんて存在しない

スポンサーリンク

ベイトフィネスリールは、より軽いルアーを投げられるように設計されているものですが、軽いルアーを投げられるようにするためスプールがとても軽くできているため、キャスト時の初速が非常に早く、慣れないうちはフィネスリール以外のベイトリールよりバックラッシュが起こりやすいベイトリールでもあります。

そこで、渓流ベイトフィネスを始めたい初心者の方は、まずバックラッシュが起こりにくいベイトフィネスリールを探すと思います。

しかし、裏を返せば、バックラッシュが起こりやすい反面、スプールの回転を抑えるなど、リール自体をバックラッシュが起こらない構造にしてしまうと軽量ルアーをキャストできるベイトフィネスリールの強みを完全に損なってしまうわけです。

余談になりますが、シマノからラインの放出速度によってスプールの回転速度を調整してバックラッシュを軽減させるDCブレーキシステムという素晴らしい機能を備えたベイトリールが販売されていますが、ベイトフィネス用のリールには一切搭載されていません。

それは上記の理由によるもので、DCブレーキシステムで3gなどの軽量ルアーをキャストすると終始ブレーキがかかった状態となり飛距離が全く出ないためです。

渓流ベイトフィネスリールのバックラッシュが起こるメカニズムと回避方法

ベイトリールの構造上、バックラッシュを起こさないベイトリールは使い物にならないことを知っていただいたところで、渓流ベイトフィネスリールのバックラッシュが起こる原因と軽減させる方法を解説していきます。

バックラッシュが起こる原因

スプールがある程度重量があるフィネス機以外のベイトリールは、どんな形であれキャスト時にロッドにルアーウェイトさえ乗せてしまえばラインが放出する力に引っ張られスプールが回転していくため、徐々にラインの放出速度にスプールの回転速度が追い付いてくるような形になるので、フィネス機に比べてバックラッシュが起こりにくいのですが、フィネス機は回転性能を上げるためにスプールが非常に軽くできているため、ラインの放出速度とスプールの回転速度の差がほとんど生じず、常にギリギリのところでキャストしている状態になります。

▼渓流ベイトフィネスのキャスティング練習についてはこちら

ブレーキ調整は重要

ベイトリールのバックラッシュ回避に最も重要なポイントの一つはブレーキの調整です。

もちろんブレーキを締めてバックラッシュしないように調整することは可能ですが、それだと軽いルアーであるが故に数メートルしか飛ばない、極端に言えば足元しか狙うことができないといった事態になってしまうため、ある程度の飛距離が出せるブレーキ設定でキャストができるようになる練習が必要です。

渓流ルアーフィッシングに飛距離は必要ないといわれていますが、10m投げられるセッティングで5m先のポイントを狙うのと、5m投げられるセッティングで5m先のポイントを狙うのとではキャスト精度にかなりの差が生じてしまいます。

つまり、5m先のポイントに撃ち込むには10mキャストできる方が有利ですし20mキャストできる方がもっと有利なわけでで、飛距離に余裕がないキャストでは、近距離であれば近距離であるほど狙いたいポイントにルアーを入れることが難しくなるのです。

サミングは必ず行う

ベイトリールの基本「サミング」は、早すぎるスプールの回転をコントロールするのと、ルアーを着水時させたい位置でラインの放出を止める方法ですが、どちらもキャストした手の親指で軽くスプールを抑えて行います。

渓流ベイトフィネスの場合は、よく言われるキャスト中にバックラッシュしそうな時に親指でスプールの回転を抑えるサミングではなく、着水させたいポイントでスプールの回転を完全に止めてルアーを着水させるサミングをメインに行います。

もちろんキャスト中にバックラッシュしそうな時にサミングを行えばバックラッシュを防ぐことはできますが、キャストから着水までの時間が非常に短い渓流ベイトフィネスでは、慣れない内はサミングに気を取られて狙いたいポイントにルアーを着水させることが難しくなるので、キャスト中にバックラッシュしそうな時はブレーキの調整で対処した方がコントロールが上手くいきます。

大半はキャスト技術の問題

ベイトフィネスリールがバックラッシュするのは、リールの性能やラインシステムなどのタックルバランスによる影響も多少ありますが、原因の大半はキャストの問題で、ルアーのウェイトがロッドに乗っておらず、遠心力で投げている場合が大半です。

スピニングロッドに比べて、ベイトロッドは張りが強く、キャスト時に竿をしっかり曲げなければ飛距離が出ないですが、振りかぶって竿を強くすればある程度曲がるものの、それではラインの放出速度が遅くスプールだけが猛烈に回ってしまうため、たちまちバックラッシュを起こしてしまいます。

慣れてくれば遠心力で投げていてもバックラッシュが起こりにくい投げ方ができるようになりますが、ロッドにルアーウェイトを乗せてしっかり曲げてキャストする方法よりキャストコントロールが難しくなる上、飛距離も出にくくなってしまいます。

ラインの巻き量も影響する

ほとんどのベイトフィネスリールの糸巻き量は最大で40~50m程度です。

ベイトリールはラインを多く巻けば巻くほどスプールの重量が増え、バックラッシュしやすくなります。フィネス機も同様で、キャストができているのにバックラッシュを起こすようならラインの巻き量を減らしてみるのも一つの解決策といえます。

僕は普段PEライン35m+ナイロンリーダー1.5mほどのセッティングで楽しんでいて、およそ20投に一回くらいの割合でバックラッシュしますが、ラインの巻き量を20mまで落とすとほとんどバックラッシュを起こすことはありません。

▼渓流ベイトフィネスのPEラインについてはこちら

ラインの巻き量を減らしてもバックラッシュの頻度が変わらない場合は、キャストに原因があることがほとんどなので、キャストの見直しを行うしかありません。

リーダーの結束部分がガイドに引っかかる

渓流ルアーフィッシングのリーダーの結束方法は色々ありますが、結び目が大きいものだとキャスト時のガイドへの摩擦抵抗が大きくバックラッシュを起こす場合があります。

しかし、電車結びなどの結び目が大きく太くなる結束方法でも、キャストが上手くなると結び目が原因でバックラッシュを起こすことはあまりありません。

その他、リーダーの長さも多少影響する場合もありますが、そのような場合は結び目がスプールの中に入るくらいのロングリーダーにすると改善されることがあります。

柔らかいロッドを使用する

ロッドが硬ければば硬いほど竿を曲げるのが難しくなり、キャストも難しくなる傾向があります。

あまりおすすめしませんが、何度練習してもバックラッシュを克服できない場合は、グラスロッドなど柔らかいロッドで練習してテイクバックの際にロッドにルアーウェイトを乗せる感覚を掴む練習をすると良いでしょう。

渓流ベイトフィネスでのグラスロッドを使う利点はこちらから

渓流ベイトフィネスリールでバックラッシュを起こさないキャスト方法

バックラッシュを起こさないキャスト方法は、ロッドの弾力を使うことで、振りかぶった際にキャストしたい方向の反対側にロッドをしっかり曲げてあげることが必要で、渓流トラウトのようにワンハンドキャストが主流の軽いタックルの場合は、腕で振りに行かず手首のスナップを使ってロッドの反発力を活かすとかなりバックラッシュが軽減できるようになります。

手首を返しテイクバックを行った際に後方でピタッと止めるとルアーの重さを感じると思います。ルアーの重さが加わるとロッドは自然に曲がり、曲がった分戻ろうとする力が働きます。

その曲がった分戻ろうとする力を利用してキャストすると、余計な力も要らず飛距離も出せるようになります。

渓流ベイトフィネスリールのバックラッシュ克服は常に攻めの姿勢で

スポンサーリンク

僕も初めてベイトリールでキャストした時はひどいものでしたし、今でも渓流では当たり前のようにバックラッシュします。

ですが、何回もバックラッシュしている内にバックラッシュしない投げ方を体で覚えていきますし、キャストした瞬間にバックラッシュするキャストミスだと判断できるようになるため、被害を最小限に抑えることもできますし、もちろん飛距離も出せるようになってきます。

そして、ベイトリール全般に言えることですが、ブレーキ調整は常にギリギリを攻める姿勢でいくと上達が早くなります。たとえバックラッシュしてしまっても、経験を積んでいけば最初の頃のような再起不能なほどのバックラッシュを起こすキャストミスも少なくなるので、何度も何度もキャストと様々なセッティングを繰り返し、バックラッシュするギリギリのブレーキ設定の限界値を少しずつ上げていけばキャストはどんどん上達していきます。

おしらせ

ブログ更新メール配信サービスは12/27をもってを終了いたしました.。更新の際はTwitterにて随時お知らせしておりますのでよろしければフォローをお願いいたします。