「20年ぶりの再開」三回キャンプに行った感想

2021年9月12日

20年ぶりにキャンプを再開し6~7月に三回行ったキャンプ場についての感想を書いてみたいと思います。

6月下旬:仲洞爺キャンプ場

7月中旬:ニニウキャンプ場

7月下旬:ニセウエコランドオートキャンプ場

予約制のキャンプ場が多い

20年以上前によくキャンプに行っていた頃は海でのキャンプが多かったせいか、予約という概念が無かったのですが山でのキャンプ場は予約が必要なところが多かったのに少し驚いています。

オートサイトの利用が多かったせいもありますが、コロナ禍の社会情勢を考えれば必要な対策だと思います。

予約の方法はインターネットや電話連絡など様々なので少々面倒ですが、受付の方の対応はどこのキャンプ場もすごく親切に感じました。

レビューなどに対応が悪いというキャンプ場もありますが、当日嫌な思いをしないようやっぱり下調べは必要かな?と思います。

山キャンプといえど設備は充実

昔のキャンプ場イメージは、トイレとカマドウマがセットで、炊事場と蛾がセットでしたが、最近のキャンプ場は対策がされていて本当に虫が少ないですね。

夏のキャンプ場と言えばオオミズアオなどの大型の蛾がたくさんいた記憶がありますが、ほとんど見かけませんでした。

仲洞爺キャンプ場は古い設備なのでお世辞にもきれいなトイレとは言えませんが、それでも古いなりに清掃は行き届いていますし管理人の方々がゴミを拾いながら見回りをしています。

ゴミの回収を行っているキャンプ場でも集積所は裏手にあり室内で管理しているところが多いですし、非常に使いやすいと感じました。

コロナ禍の影響でゴミを回収しなくなったキャンプ場について苦言を呈するユーザーもいますが、自然を相手に楽しむアウトドアは基本的に自分の足跡以外一切残さず立ち去るのが常識だと思っていますし、ゴミの回収をやめたキャンプ場はゴミの回収をしているキャンプ場と比べてハエの数が圧倒的に少ないので個人的にはキャンプ場がゴミの収集をする必要はないと思っています。

料金設定の把握が難しい

キャンプ場によって表記が様々で、区画利用料、持ち込みテント料金、タープは別料金に加え入場料などが別になっているところがあって少々わかりにくいところがあります。

今回行った三か所は比較的わかりやすい所に行きましたが、一度行こうと計画していたキャンプ場はややこしい設定で、利用したいプランで合計すると5000円を超えるようなキャンプ場だったので辞めました。

5000円以上かかるならもう少し足して温泉施設に泊まった方が良いですし、5000円の満足度が得られるほどのキャンプ場なのかとレビューを見てみると料金と施設のバランスが合っていないというレビューも見られたので即却下しました(笑)

例えば、場内に滝があったり果物狩りができたり、その他アウトドアらしいイベントがあれば検討しましたが、5000円出して普通のキャンプ場に行くメリットはないですね。

強いて言えば高いのでお客さんが少なく静かだというところでしょうか。。。

20年ぶりに再開した三か所のキャンプ場についての感想

結論から言うとどのキャンプ場もすごく良かったです。

仲洞爺キャンプ場

最初に行った仲洞爺キャンプ場はきれいに整地されているわけではないので所々ペグが刺さりづらく睡眠時も結構しんどかったですが、それも含めてキャンプの楽しさだと感じる自分には全く不満はありませんでした。

仲洞爺キャンプ場はゴミの回収をしてくださるのですごく楽ですが、集積所があるせいかハエが非常に多かったです。

その他スズメバチも多いので、お盆を過ぎて活動が活発になってくる時期には藪の近くなどの設営は控えた方がよさそうです。

ケブカスズメバチとオオスズメバチの両方がいたので、敷地内は対策していると思いますが場内外散策の際は樹上だけでなくサイト脇の法面などにも注意しておいた方がよさそうです。

ニニウキャンプ場

キャンプ場の周りは民家もほとんどなくクマの生息地なのでとても静かです。

場内に出没することはないでしょうが、万が一事故が起こるとキャンプ場が閉鎖になる可能性もあるので食べ物の放置や周辺の森林地帯への不用意な侵入はやめましょう。

ロケーション的には一番良かった気がしますが、静かな分深夜の高速道路の走行音がとても気になりました。

サイトはきれいで管理人さんもとても優しい方ですし、トイレや炊事場も多く混雑時でも比較的不便を感じない作りになっています。

シーズン初期でお客さんがほとんどいないせいか水道をひねると赤い水が出てきましたが、しばらくするときれいな水が出てきましたしその水を使って料理や歯磨きなどをしても特に健康上の問題はなかったです。

ニセウエコランドオートキャンプ場

三回のキャンプの中で最も走行距離が長く猛暑の中非常に疲れましたが、サイトだけでなくトイレや炊事場などの設備の快適さは一番良かったと思います。

他の二か所に比べてこじんまりとしたキャンプ場なので混雑時は避けた方が良いと感じました。

また、テント設営時はアブの猛烈なアタックがありますしテントの設営後は尺取り虫が木の上から消防士ばりの降下訓練をしてきます。

芝の上は蜘蛛や蟻がたくさんいて足に上ってきますしテントの中には大きな蝶々が遊びに来ます。

個人的には最高に楽しいアトラクションですが、虫嫌いの方は相当辛いと思います。

一日もすれば慣れますけどね(笑)

リピートしたいキャンプ場は?

どこのキャンプ場もすごく良くて甲乙つけられませんが、もう一度行きたいキャンプ場は占冠のニニウキャンプ場ですね。

残念なことに今季限りで閉園になるそうです。

他にも行ってみたいキャンプ場がありますが、設備が充実しているとどうしてもそれに甘えてしまい不便さを楽しむことができないので、個人的にはもう少しワイルドさを求めてみたい気もします。

次はどこに行こうかな?

「買い物上手」知らずに買ったWAQのコットが実は大人気商品だった

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

59人の購読者に加わりましょう