「腰痛対策」腰痛キャンパーは寝具より先にチェアで対策しよう

キャンプ中に腰痛に襲われたら・・・なんてビクビクしながらキャンプを楽しむ腰痛キャンパーさんって多いんじゃないでしょうか。

そんな僕も腰痛歴10年以上のベテラン選手ですが、車からサイトまでの荷物の搬入やテントの設営(特にペグダウン)の時は本当に気を使います。

寝る時もマットやらなんやらこれでもかというくらい色々と敷き詰めて寝るわけですが、それでも朝起きたら腰が痛いなんてことはよくあります。

結局は痛くなるのだからうまく付き合っていくしかないんですが、キャンプ中は就寝時よりも自分に合ったアウトドアチェアで急な激痛が起こらないような工夫をすることもお勧めです。

腰痛キャンパー向けアウトドアチェアの選び方①「ハイタイプを選択」

最近の流行りはローチェアですが、腰痛持ちの人にローチェアは姿勢が一番良くない座り方です。

「え?もう買ってしまったよ・・・」という方は座る時はなるべく足を前に伸ばして常時背もたれに体重をかけておくと腰への負担が軽減されます。

食事などはしずらいですが、テーブルやコンロに向かって前向きよりも横向きに椅子を置くことで手が届くので前かがみにならずに食事ができます。

冬のワカサギ釣りで使用しているのがローチェアですが、何か作業をする時はどうしても前かがみにならないといけないので、必要なものは全部椅子の横にセットしています。

ワカサギ釣りの場合は座りっぱなしなのでローチェアの方が何かと都合が良いのですが、キャンプに関しては立ち上がったり座ったりすることが多く腰に負担がかかるのであまりお勧めはできません。

腰痛キャンパー向けアウトドアチェアの選び方②「背もたれの角度」

(Coleman)コールマン ツーウェイキャプテンチェア (グリーン) | キャンプ用品 おしゃれ アウトドアグッズ アウトドア用品 バーベキュー グッズ イス 椅子 ベランダ いす バルコニー おうちキャンプ おうち時間 折りたたみチェア 折り畳みチェア チェアー アウトドアチェア

価格:7,981円
(2021/4/11 10:52時点)
感想(0件)

背もたれがあまり後ろに倒れていない物を選びましょう。

かといって直角では疲れてしまうので、お店で実際に座ってみてちょうどいい角度の物を探すのが良いですね。

背もたれの高さはさほど気にしなくても良いですが、極端に低い物や全くないものでは腰への負担が大きくなるので、腰の位置よりも高い物を選ぶ方が無難です。

腰痛キャンパー向けアウトドアチェアの選び方③「座面や背もたれの硬さ」

座ってみて極端に沈み込むようなものは一見座り心地が良いように感じますが、お尻が沈み込むことによって正しい姿勢が取れず前かがみになっている状態に近くなるため腰痛には良くありません。

特にお尻と腰の当たる面は適度に張りがあってしっかりしている物がお勧めです。

また、横にひじ掛けなどがついていると座る時や立ち上がる時に腰に負担がかかりにくいです。

ロゴス LOGOS Tradcanvas 難燃BRICK・ハイバックチェア(幅53.5×奥行64×高さ88cm:座高42cm) 73173130

価格:5,390円
(2021/4/11 10:55時点)
感想(0件)

腰痛キャンパーは価格や見た目よりも自分に合った物を

高いアウトドアチェアはおしゃれで機能性も充実していて魅力的ですが、ちょっとダサくても自分の体に合わせて座り心地を重視して選ぶ方が良いです。

また、長い距離を車で移動することが多いキャンプですから、到着後は場内を歩いて散策したりと少し体を動かしてから設営作業に入ると良いです。

ただでさえ腰に負担のかかる作業が多いキャンプですから、途中で痛くて動けなくなることのないように腰をいたわりながら少しでも快適なキャンプを楽しみたいですね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

50人の購読者に加わりましょう