道産子海老(自由形)

変わり者が送る、どこかの誰かに役立つかもしれないブログ 誰も興味を持たないマニアックな記事、自身の病気のこと、趣味のことなどを中心に独自の視線で書いています。 時々ネガティブな発言もありますがご了承ください。

釣り

「竿とリールの購入」価格帯とスペックで悩んだら「好きなものを買えばいい」

投稿日:

中学生の頃から釣りをしていて、釣り歴はかれこれ30年以上になります。

相変わらず下手くそですけどね。

釣りが好きな方はわかると思いますが、新しく道具を買おうと思ったら何にしたらいいか悩んでしまい中々決められないってこと結構ありますよね。

今年は竿やリールをいくつか購入したので参考になるかわかりませんが少し書いてみようと思います。

初心者は「対象魚種別」道具の下調べをしてから買う

ジギングロッドで氷上ワカサギとかはさすがに無理ですがカレイの投げ釣りはできると言えばできますし、実際にルアーロッドでカレイを釣ってる人も見かけます。

竿についてはある程度代用が利くものなので、今持っている竿で代用が利くならそれで良いと思います。

ただ、リールに関してはあまりにも竿のパワーの差があると故障の原因にもなります。

例えば北海道で盛んなカレイの投げ釣り。

20~30号ほどのオモリを投げるため、ある程度パワーのある投げ竿を使うのが一般的ですが、それに合わせたリールとなると4000~5000番程度のリールが必要になってきます。

垂らし釣りやちょい投げ程度なら2000〜3000番程度の小型のスピニングリールでも良いですが、大型魚が掛かったり漁港の岸壁から魚を持ち上げる際にリールと竿に極端にパワーの差があると、やはりどちらかに負担が大きくなるのである程度合わせたバランスでのセッティングをお勧めします。

基本的に遠くへ投げる釣りなので、結論は竿もリールもある程度のパワーのあるものを使用した方が良いでしょう。

竿と言ってもたくさんのスペックがある

同じ竿でもホームセンターなどに売っているセット物や、シマノやダイワといったメーカー品まで価格帯も様々ですが、何が違うのか?と思えば初心者にはあまりわからないかもしれません。

基本的には竿を作る際に使っている材質やそれに関わる含有量の違いですが、竿はカーボンやグラス繊維などの材質によって価格も変わりますし、ガイドの材質によっても変わってきます。

高い竿はそれなりに良い素材で作られていますが、耐久性や竿の能力を引き出せるかは使用する個人によって変わりますし、個人の技量次第では竿のポテンシャルを超えた力を発揮することもあります。

高けりゃ良いってもんでもない?

シマノの投竿だとホリデースピンやサーフチェイサー、サーフリーダー辺りがエントリークラスのモデルでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ サーフチェイサー 振出 405DX-T
価格:17451円(税込、送料別) (2020/12/20時点)

楽天で購入

 

 

ハイエンドモデルはキススペシャルやスピンパワーといったハイパワークラスの並継ロッド、価格も10万円超えのものが多く価格相応の性能を備えていますが、性能をフルに発揮するにはそれなりの技術も腕力も必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ スピンパワー並継 405CX
価格:101673円(税込、送料別) (2020/12/20時点)

楽天で購入

 

僕はサーフリーダーとスピンパワーを所有していますが、正直なところ技術も腕力も足りずどちらを振っても飛距離はナイロン2号で5~6色(1色25m)程度とさほど変わらないのでサーフリーダーで十分だと思っています。

サーフリーダーが悪いという意味ではなく、スピンパワーの性能を使いこなせない自分にとってはそこまでの竿は必要ないという意味で、ビギナーからベテランまであらゆる層の満足度から個人的にはサーフリーダーは名機だと思ってます。

高い竿も安い竿もそれぞれ良さがある

耐久性の面やトラブルの多さで考えればホームセンターなどに売っているセット物の商品よりも、シマノやダイワなどのいわゆるメーカー品についてはエントリーモデルでも十分な性能を持っており絶対的にお勧めしたいところではあります。

高い竿と安い竿とで使用感はどのように違うのかと言えば、初心者にはわかりにくいところもありますが、投げ竿で言えば高価な竿は反発力が高く、より飛距離を出すことができたり、ガイドに糸が絡むなどのトラブルが少なかったりと、エントリーモデルから比べると釣り人の技量をカバーしてくれることも多く満足度は高くなると思います。

一方、1万円程度のエントリークラスの投げ竿でも問題なく釣りはできますし、10万円もするような高級竿では躊躇するような険しい磯場や砂浜などでも気にすることなくガンガン使用できる上、破損した場合の修理代に関しても高級竿より安く済むというメリットもあります。

高い竿と安い竿、結局はどっちを買えば良い?

今の道具で物足りないと思えばそれは上達した証拠ですし、釣りは魚を釣ってなんぼな遊びなので、上達して良い道具を使いたくなるのは自然な流れですから、最終的には自分の技術に合わせた竿やリールを買うのが正解だと思います。

ただ、僕のように背伸びをしすぎてせっかく買った竿が宝の持ち腐れ・・・なんてことも?

まあそれはそれで楽しめるし、あとは使いこなせるように頑張るしかないです(笑)

釣り竿にもいろいろなものがありますが、中にはホームセンターのセット物の竿を使う人をバカにしたり逆に高い竿を使っている人を道具だけなんて言う人もいます。

もし周りにそんな人がいたら今後付き合いをやめた方がいいですね。

-釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

収容人数で選ぶワカサギテント

冬の厳寒期に氷に穴を開けてするワカサギ釣り、冬の屋外でじっと魚信を待つのはお坊さんの修業よりつらいかもしれません。 地域によっては氷点下10℃を下回ることもあり、氷上は遮るものが無いため、風が吹くと体 …

no image

渓流ベイトフィネス始めたら世界が変わった!

釣りを始めて早30年以上、家から自転車で5分の所に超有名河川という恵まれた環境にいた少年時代、毎日のように川に釣りに行ってました。 社会人になり、ある程度道具を買う余裕ができてからはフライフィッシング …

no image

初めての氷上ワカサギ釣り

氷上ワカサギ釣りは湖や川に張った氷に穴を開けて行う釣りですが、シーズンは冬のため厳寒期に合わせた装備が必要になります。 必要最低限の装備でも釣りは可能ですが、快適な釣りをするために少しずつ道具を揃えて …

「新型コロナウイルス」緊急事態宣言による自粛中のアウトドアについて

新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急事態宣言が出されている日本ですが、感染のリスクを避けるために不要不急の外出を控えてくださいとの政府や各都道府県からの通達があります。 新型コロナウイルスの感染リスク …

no image

フレッシュウォーターの釣り始めました

冷やし中華始めましたみたいな感じになっちゃいましたが、フレッシュウォーターの釣り、いわゆる淡水魚(トラウト系の釣り)ですね。 もともと釣りは川から始めたのですが、大人になって行動範囲が広がって、海で釣 …