ピックアップ記事

「超おススメ」便利な暖房器具で寒さ知らずの氷上ワカサギ釣り

釣り,ワカサギ釣り釣り,ワカサギ釣り

氷上ワカサギ釣りは普段の日常はもちろん、釣りという遊びの中でもテントを設営したり中で料理ができたりとキャンプのような要素もあって結構特殊な部類に入ると思います。

ただ、冬のアクティビティといったところで、寒さへの不安など、やってみたいけど中々決心がつかない人も多いと思います。

そこで、寒い冬のワカサギ釣りのテント内で快適に釣りができる暖房アイテムをいくつかまとめてみようと思います。

氷上ワカサギ釣りに使うことができる暖房の種類

スポンサーリンク

ワカサギ釣りは川や湖に張った氷の上に専用のテントを設営して行います。

晴れた穏やかな日はテントの中は暖かいことも多いですが、太陽が出ていないと風の当たらないテントの中でも非常に寒くなるので暖房が欲しくなります。

基本的に、テントの中での暖房の使用は一酸化炭素中毒の危険性があるので燃料を使う暖房の使用は推奨されていませんが、正しく使用することで比較的安全にテント内を温めることができます。

ガス式のシングルバーナー

ガス式のシングルバーナーがあれば、暖房に使えるだけではなくお湯を沸かすことができるため、カップラーメンを作ったり暖かいコーヒーを飲んだりできるので非常におススメです。

何かと荷物の多くなりがちなワカサギ釣りですが、五徳部分が折りたたみ式なので手のひらに収まるコンパクトさで、バッグの片隅だけでなくジャケットのポケットにも収まるサイズです。

中国製の低価格帯の商品もありますが、ガスを取り扱うため安全性や耐久性はもちろん火力の調節も少しあいまいな商品も多いので、価格は高めでも国産の商品を選ぶと良いでしょう。

一般家庭用のCB缶とアウトドア用のOD缶の両方使えるものが便利ですが、CB缶だと一本当たり1~2時間程度ですぐにガスが無くなってしまうので本数も必要になってきます。

また、種類によってはガス缶の上に直接乗せるタイプのものとホースで接続する分離型のタイプがありますが、雪や氷の上にテーブルなどの台を置いて使用する際も斜めになったりと不安定な場面での使用が多いので、転倒しにくいOD缶対応のものかガス缶と本体が分離型の物を使うと良いでしょう。

アウトドアガスストーブ

シングルバーナーもそうですが、アウトドアだけでなく災害などの緊急時にも役立つアイテムです。

ガス缶に直接接続して使用する反射式のヒーターで、天候が悪く陽が当たらない日や外気が氷点下10℃以下など気温の低い時のサブアイテム的な感じで使用していますが、頑丈で壊れないですし構造もシンプルで使いやすいので、初心者の方にも簡単に組み立ててすぐに使うことができます。



使用するガスは寒冷地仕様の物を

一般的に販売されているガス缶は寒冷地仕様のガスに比べて沸点が高く、気温が低い状態で使用するとうまくガスが気化してくれず、火力が上がらないどころか点火すらもできないことがあるので、氷上ワカサギ釣りなどで使用するガス缶は寒冷地仕様のものを使います。

多少割高になりますが、氷上のワカサギ釣りのような気温が氷点下を下回るような環境では、寒冷地仕様のガスを使用しないとお湯を沸かすことすらできなくなります。

ガス缶の消費の目安は、気温や使用状況によって変わりますが、CB缶で約1.5~2時間、OD缶(500)最大サイズで3~4時間程度です。

ヒーター用アタッチメント

シングルバーナーの五徳の上に乗せて使うアタッチメントで、遠赤外線の力で周りを温めてくれる商品です。

反射式ストーブのように真っ赤になるのでちょっと怖い気もしますが、きっと原理は同じなのでしょうね。ただ乗せるだけなのに効果は絶大でこれも買って良かったと思っています。

電熱ベスト

電熱線が内蔵されている服で、モバイルバッテリーから電力を供給して使用します。熱源が電気なので最も安全な防寒対策です。

2021シーズンにワカサギ釣り場でガイドの仕事をしていた時に着用していましたが、早朝の氷点下20℃以下まで下がった日の冬の屋外作業でも防寒具と電熱ベストで凍えずに作業できました。

ベスト自体もフリース素材の物が多くそれだけで温かいのですが、電源を入れると数十秒で温まるのでワカサギ釣りなどの冬のアウトドアシーンでは非常にありがたい存在です。

価格もそれほど高くなく貼るタイプの使い捨てカイロを使うより暖かく経済的ですし、ヒーターなどの暖房器具を豊富にそろえるよりも先に電熱ベストを購入してほしいくらいお勧めの商品です。

価格帯はまちまちで、高ければ高いほど性能は良いと思いますが、5000円くらいの物を購入すれば大丈夫です。

モバイルバッテリーとセットになっている便利なものもありますが、今はモバイルバッテリー自体も安くなっているので別に購入しても良いと思います。

僕の使っている電熱ベストは20000mAhのモバイルバッテリーで5時間ほどの釣行で、半分ほどの消費量なので10000mAhのモバイルバッテリーで間に合うかもしれませんが、テント内の気温やモバイルバッテリーの質によっても消費量が変わると思うのである程度余裕を持っておいた方が良いでしょう。

灯油ストーブはNG

灯油ストーブはガスストーブに比べて一酸化炭素の発生量が多く閉め切った室内で使用するのは非常に危険で、気が付いた時には・・・というより気が付く前に意識が無くなります。

過去に一酸化炭素中毒事故が起きた例も灯油ストーブを使用していたことが多く、警報機を複数つけるなどして常に一酸化炭素量を監視できる体制を整えていてもお勧めしません。

使う人はいないとは思いますが、木炭や練炭、薪などの燃料はもっと危険なのでテント内では絶対に使用しないようにしてください。

氷上ワカサギ釣りに便利な暖房器具:最後に

スポンサーリンク

昔と違い冬の氷上ワカサギ釣りも快適に楽しめるアイテムが多くなりましたね。

ヒーターなどの暖房器具は非常に役立つアイテムですが、基本的に電熱ベスト以外の室内での使用は一酸化炭素中毒の危険もあり注意が必要なので推奨していません。

換気をしっかり行い一酸化炭素警報機を使用していればより安全性も高くなりますが、天気のいい日中であればテント内は暖房もいらないほど暖かいので、午前中には釣りを開始して釣果が落ちやすくなるお昼過ぎの時間帯に撤収といった計画での釣行をお勧めします。

実際に使用してみてよかったものを書いてみましたが、是非自分に合ったアイテムをゲットして事故のないよう楽しんでもらえたらいいなと思います。

おしらせ

ブログ更新メール配信サービスは12/27をもってを終了いたしました.。更新の際はTwitterにて随時お知らせしておりますのでよろしければフォローをお願いいたします。