「ハンドメイドミノー」夏に向けてプロトの作成中

あれだけ積った雪も融け、やっと暖かく過ごしやすい日が多くなってきましたが、お気に入りの川は雪代で絶賛増水中で、初釣行は早くてもゴールデンウイーク明けになりそうです。

ワカサギ釣り場のスタッフとして働く傍ら、コツコツとバルサを削っていたのですが、肋骨の軟骨炎など体調不良で中々進まず、今頃になって焦りながらやってます。そういえば夏休みの宿題もギリギリまでやらないタイプだったよな・・・と自らのダメさ加減は子供の頃からだったんだと、ふと思い出しているところです。

さて、ハンドメイドミノーの制作過程ですが、昨年調子のよかったサイズとカラーを中心に少しずつストックを増やしています。合間にメタルジグの塗装などもしながらですが、少し冒険したくてプロトを作ってみたので少し紹介したいと思います。

夏の虫パターンフローティングミノー

ザ・青虫(笑)

2.5g、47mmのフローティングタイプです。小渓や田園地帯を流れる里川をイメージしたカラーですが、あまりリアルすぎるのも逆に釣れなかったりするので控えめにしています。

以前ちょっと珍しいタイプの塗料を購入していたこともあって、うまい具合にカナブンっぽいイメージのものができましたが、ベースカラーは蛍光グリーンです。光の当たり具合で緑っぽくなったり青っぽく見えたり紫に見えたりする不思議なミノーに仕上がりました。

リアル系ミノーも一応作ってます

サバでサバが釣れるようにニジマスでニジマスも釣れます。エアブラシで細いラインを描くのに少々手こずりレッドバンドが太くなってしまいましたが、まあまあリアルさは追及できたんじゃないかな?

メタルジグの塗装もしています

長い付き合いの友人からのリクエストでメタルジグの塗装もやっていますが、慣れないせいか中々満足の行くものができず失敗作の上から塗装し直してひたすら練習しています。

ちょっと面白いカラーができたのでご紹介。

ブラックベースにレインボーを塗装をしてみたら結構面白い色になりました。

ジギングはほとんどやったことがないのでわかりませんが、こんなカラーは釣れたりするのかな?

目玉を入れたら最終コーティングを行い完成です。目玉が入ればグッと魚っぽくなると思いますが、目玉の作成が追い付いていません。

ハンドメイドミノー「WAYA-craft」はローキーズ札幌で販売中

ビーシュリンプ専門店ですが、店長のご厚意でハンドメイドミノーを販売させていただいています。

ローキーズ札幌:北海道札幌市北区新琴似10条14丁目12−1(クリーニング店隣)

営業時間や定休日はHPにてご確認をお願いいたします。HP:http://lowkeyssapporo.blog24.fc2.com/

おしらせ

ブログ更新メール配信サービスは12/27をもってを終了いたしました.。更新の際はTwitterにて随時お知らせしておりますのでよろしければフォローをお願いいたします。