ピックアップ記事

リールのハンドルは「右巻き」「左巻き」どっちが正解?

釣り釣り

この記事は右利きの方が対象の話になりますので、左利きの方は逆で考えてくださいね。

度々議論されているリールのハンドルの右巻きと左巻き。

どちらでもいい、好きな方で巻けばいいという意見も多いですが、結論だけ先にいうと、両方巻けるようにしておきたいということなります。

左で巻かないとだめだとか、竿は右手で操作するのが普通だとか、お堅い考えの方は一定数いますが、右巻きにしても左巻きにしても釣果に直結する部分はそれほど多くはありません。

竿はリールがないと機能しない道具

スポンサーリンク

リールは餌やルアーを飛ばすための竿に取り付けるものですから、遠くへ飛ばすためにはリールがなければ始まりませんし、遠くへ飛ばした後は、魚を掛けても掛けなくても回収する必要があるので、ある意味竿より重要な役割を担っている道具です。

リールに何を求めるかによってハンドルの向きは変わる

リールに求められる機能は、正確なキャストであったり、遠投性能であったり、大型魚に負けないパワーであったりと、対象魚によって様々です。

例えば、投げ釣りでも砂浜でキスの引き釣りをするのであれば、左手でハンドルを持ちながら右手で竿を操作した方がやりやすいですし、引き抵抗の強いマガレイなどの場合は、僕のように骨折したままの左手首と女子並の握力では、左巻きにするといろいろ不都合なことが多いです。100m以上の距離を休まず左手で巻き続けるのは中々きついです(笑)

ベイトリールは絶対右巻きがいい?

某村田基さんは、ベイトリールはキャスト時はハンドルが上にならないと飛距離が出ないから、ベイトは右巻きだよと解説しています。

そもそも飛距離だけを求めるならスピニングを使いますし、釣りは飛距離だけが大事だというそんな単純なものではないです。根掛かり回避率を上げたり、スピニングでパワー負けした相手を攻略するためにベイトに転向したアングラーも多いはず。

ですが、スピニング並の飛距離は出せずとも、より飛距離を出したいためにロックフィッシュでは僕は右投げ右巻きでやっていますけどね。

ハンドルを左巻きにする理由

渓流ルアーでは、右で投げて左手に持ち替える動作にもたつくと、ルアーは流されていき狙ったポイントからどんどん外れていきますから、左巻きの方が圧倒的に有利となります。

僕は渓流以外は普段右投げ右巻きで、渓流では右投げ左巻きが圧倒的有利なのは経験してわかっていますが、渓流ルアーが右投げ右巻きでも不自由ではないと主張する人は、キャストから着水までのほんの数秒の間に竿を持ち替え、同時にサミングやパーミングを行えるといった相当高い技術をもっているか、ルアーの行方を無視した他人の意見に耳を傾けない人のどちらかでしょう。

僕も右投げ右巻きでバシッとできる技術は欲しいですが、左巻きの方が自分の少ない技術の中で最大のポテンシャルが出せるから左巻きにしているだけです。

右巻きでやりたい人は右巻きを極めればいいだけの話ですが、渓流ベイトやバスなどで使うフィネスの釣りは、着水=バイトといったシーンも多く、合理性でいえば左ハンドルの方が有利なのは確かです。

要するに、自分が難しくても慣れている方を選ぶのか、または合理性を選ぶのかの、どっちを目指すのかでハンドルの左右が決まるわけで、そこにジャンルを飛び越えて議論する必要はないのですから、右も左も巻けるといいよねという話になるのです。

右利きだから左で巻くのが苦手

人間誰しも利き手というものがあるので、利き手の方が色々都合がいいのが事実です。

右手の方がやりやすいのは当然だけど場合によっては左手が有利

例えば鼻クソをほじる場合。

右の鼻の穴をほじるのは圧倒的に左手の人差し指がやりやすいですし、鼻の穴がデカい人は中指でもいいかもしれません。

お尻を拭くのは左手?右手?まあどうでもいい話ですね。

人間の脳は柔軟

車の運転でも日本では利き手に関係なく右ハンドルですし、リールを巻く手も左右大差なく巻けるようにはなります。

僕も元々右投げ右巻きで、左ハンドルを使った最初の頃は竿が上下にぶれたりぎくしゃくした動きになりましたが、数回の釣行で違和感なく巻けるようになりました。

そもそも元々左利きでしたが、左利きは何かと都合が悪いと親にいわれ、矯正させるために小学生の6年間書道を習い完全に右利きになりました。

約30年調理師として働いてきましたが、調理器具は左利きでは不都合なことが多いです。

柳刃包丁などは、片刃といって片方だけ刃が斜めで裏側は垂直な作りになっています。左手で刺身を切ることはできますが、盛り付けの角度が左右逆になってしまうので左利きの人も右手で切ることが多いです。

また、フライパンを振る時も左手で、右手で混ぜるが基本ですから、右利きの人と同じように左手でフライパンを振ります。

「左利き用のものもあるじゃん!」という意見もありますが、一般の飲食店でそこにコストをかける店なんてほとんどありません。

余談になりますが、よく「俺は料理が得意なんだよね~っ」てドヤ顔で右手でフライパンを振っていると本職の人からは簡単に見抜かれます。

ハンドルの右巻きも左巻きも実際にやってみないとわからない

スポンサーリンク

結局のところ、ベイトだろうがスピニングだろうが、右だろうが左だろうが、人にいわれたことと同じことをしたくないという人は一定数いるので、何が正解で何が不正解だという答えを見つけるのは意外と難しいのかもしれません。

また、ジャンルによっても有利なハンドルの向きがあるわけですから、何でもかんでも右が正しい左が正しいという決めつけはせず、合理性を優先させるのが正解だと思います。

と、ある程度釣りの経験が長い方にとっては当たり前のことだという話でした。

おしらせ

ブログ更新メール配信サービスは12/27をもってを終了いたしました.。更新の際はTwitterにて随時お知らせしておりますのでよろしければフォローをお願いいたします。

釣り

Posted by dosankoebi