「新型コロナウイルス」集団免疫でハッピーエンド?

新型コロナウイルスは感染症なので免疫を持てば感染しないまたは軽症で済むといった理論があります。

免疫は、抗体が主役になる免疫と抗体以外の免疫を担う細胞が中心になる免疫です。

抗体が主役になる免疫は、まず、異物(病原体)が体内に侵入すると骨髄の中にいる造血幹細胞から作られるT細胞が、リンパ球の一種であるB細胞に抗体を作るように指令を出し指令を受けたB細胞は抗体を大量に作り出します。

こうしてできた抗体は、ウイルスに感染した自分自身の細胞をやっつける働きをします。

専門分野ではないのでこの程度の知識しかありませんが、ひとつ言えることは、人間の体は未知のウイルスとも戦える機能が本来備わっているといえることですね。

これを逆手に取った理論がワクチンというもので、先に弱いウイルスを体内に入れて抗体を作るインフルエンザの予防接種などがそれに当たります。

残念なことに、新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまでは1年かかると言われていて、インフルエンザのように感染者の抑制といったコントロールが現段階では難しいのが事実です。

最終的に全人類が抗体を持てば必ず終息するといった理論(集団免疫)が正しい感染症との向き合い方になると思うのですが、それには当然リスクも伴います。

免疫には個人差があり、20歳を過ぎるとその能力は徐々に衰えてくると言われています。

人間は風邪やインフルエンザに感染すると熱を出しますよね?それは体の中のT細胞やB細胞が頑張って感染症と戦っていて、熱を出すことで早くウイルスを死滅させようとしているのです。

子供の頃はあんなに体が弱くてしょっちゅう風邪を引いていたのに、大人になってあまり風邪を引かなくなったという人が多いのは子供の頃にたくさん抗体を作っていたということが考えられます。よく子供が高熱を出してもそんなに焦らなくても大丈夫って聞くのも納得できると思います。(でも、あまりぐったりして弱っている時は病院に連れて行ったり対処はしてあげてくださいね)

少し話しがそれてしまいましたが、この新型コロナウイルスも人類全員が感染してしまえばいずれは終息するといった内容の話しです。

次は集団免疫理論のリスクについて。

確かに全員が抗体を持てば症状が出ないもしくは軽症で済むといった理論なのですが、お年寄りや基礎疾患のある人は、免疫を作る細胞の働きが弱くなる傾向にあります。

なので、健康な人が軽い風邪程度で収まっていた感染症でも重症化しやすくなります。新型コロナウイルスも糖尿病やガンを患っている方や高齢者が亡くなる割合が多くなっています。

健康な人も基礎疾患がある人も当然平等に治療を受ける権利がありますから、新型コロナウイルスの感染の疑いがあれば病院で検査し、陽性反応が出れば入院して適切な治療を受ける必要があります。

しかし、感染力が高いこの新型コロナウイルスによって感染者が爆発的に増えている状況では、未知のウイルスに対応するための防護服や医療用マスクなどの物資不足から、院内感染なども起こり、それに伴う人員不足などから病院が対応できるキャパを超えてしまう医療崩壊が起こってしまいます。

新型コロナウイルス以外にも大勢の患者さんがいるのですから当然と言えば当然です。

この集団免疫理論を決行したスウェーデンでは、100万人当たりの死者数は256人、その他にはスペインでは525人、イタリア463人、イギリス394人、フランス373人となっていて、それに比べて日本では3人となっています。

集団免疫理論の恐ろしさは、終息が早まる可能性があっても犠牲者の人数に予測がつかないところです。

高齢化社会の日本では、この集団免疫論を取ればさらに死者の割合が多くなる恐れもありますし、命を犠牲にして人々の健康を守るというといった究極の選択となるわけです。

今の日本政府が行っている新型コロナウイルス感染症対策に対して、国民からの不満も多く安倍総理大臣もかなり厳しい批判を受けていますが、現状として、三密を防ぎ自粛をお願いして感染者が増えるスピードのコントロールをし、ギリギリのところで医療崩壊を防ぎつつ、中等度から重症者の重点的な治療を行う体制で集団免疫を獲得するのが正しい選択なのではないかと思います。

ただ、未だに届かない布製マスクを作る400億円以上を医療機関や自粛要請への助成金に回していたら危機感のない国民ももう少し少なかったかもしれません。

と、最後に皮肉だけは言っておきます。

 

その他
スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

dosankoebiをフォローする
道産子海老(自由形)

コメント

タイトルとURLをコピーしました