「新型コロナウイルス」マスク警察擁護派の意見

緊急事態宣言により不要不急の外出を控えるという動きから早半年。

緊急事態宣言が解除されてからは普段通りに外出ができるようになりましたが、三密を避け咳エチケットを行うよう厚生労働省より発表されています。

そして、最近になってとある研究機関が実際のコロナウイルスを使ってマスクの防御能力を調べた結果を発表しています。

マスクに限らず感染症や食中毒予防の観点でも手洗いを実施することは大切なことではありますが、薬用せっけんを使用し2回以上入念に洗って乾燥させた後アルコールで殺菌したとしても、細菌やウイルスは完全に0にはなりませんし、マスクについても実際の所効果が100か0といった定義ではありません。

ならばマスクをしても意味がないし熱中症のリスクが高まるからマスクなんてする必要ないと考える人も一定数いるわけで、

そもそも、マスクが100%ウイルスをカットしてくれるのであればコロナウイルスも早く終息したかもしれませんが、現在の科学ではそのようなマスクを作り市販することができないので、一般的なマスクで少しでも感染する(させる)リスクを減らしましょうよという話です。

確かに熱中症や肌荒れなど、マスクによる健康被害もあります。

マスクもタダではないですし、いつまで経っても来なかった400億円マスクも国民皆さんの血税からです。僕も4月に一箱5000円のマスク三箱買いましたよ(汗)

マスクや自粛否定派の人たちは、たかが風邪と変わらないコロナごときでそこまで大袈裟に対策して経済活動を止めてしまうことに対しての反対意見も多いとは思いますが、パンデミックまで起こしたコロナウイルスですから、公衆衛生の観点から今後は生活様式も変化していきますし今まで何も気にしなくても良かったものを気にして生活する必要があります。

経済活動を心配するならしっかり咳エチケットを行い三密を避けて一刻も早く終息するよう皆で協力して助け合いましょう。終息したら一斉にヨーイ、ドンで頑張りましょうよ。

2011.3.11の東日本大震災では、多くの人々が手を取り合い助け合って少しずつ少しずつ復興を進めている姿に海外からの賞賛の声がたくさん上がっていました。

我々日本人は助け合って生きている民族です。

今は手を取り合い寄り添うことはできませんが、マスクをして人と離れることで誰かの感染リスクを下げることになります。

必要な時はマスクをし、定期的に手洗いをしましょうね。

通勤中に見た光景ですが、鬼滅の刃上映の映画館前は二週続けて長い行列ができています。

人気ですし観たいと思います。なので映画館の方でも館内だけの対策だけではなく、入館時に関しても整理券などを配布したりして、お客様が並ばなくても良いような対策をすればいいのにと思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

50人の購読者に加わりましょう

雑談

Posted by dosankoebi