道産子海老(自由形)

変わり者が送る、どこかの誰かに役立つかもしれないブログ 誰も興味を持たないマニアックな記事、自身の病気のこと、趣味のことなどを中心に独自の視線で書いています。 時々ネガティブな発言もありますがご了承ください。

大人の学習

「北海道知事」鈴木直道氏は北海道を中国に売る気なのか?

投稿日:2020年11月19日 更新日:

タイトルで釣られた方、申し訳ない。。。

北海道は今、人口減少や高齢化など深刻な問題を抱え、新型コロナウイルスによりますます道民の不安が高まる中、道の対応が問われています。

鈴木直道知事のコロナ対策についてのツイートに対し道民からの批判の声が増す中で、何が真実なのかを調べてまとめてみました。

夕張市のスキー場の転売問題

鈴木直道氏は夕張市長時代、マウントレースイスキー場とその関連施設を中国系企業に2億4000万円で売却。

加森観光株式会社が運営していたマウントレースイスキー場は、平成29年3月31日をもって期限切れとなり、その後の運営について不安を抱える状態でした。

鈴木直道氏はマウントレースイスキー場は市民の貴重な財産であり、地域の活性化や夕張市の人口の増加、安定した経済基盤を構築していく上で重要な資源であると発言しています。

しかし、将来長きにおいて観光資源としての価値を維持するには、たとえ外資系企業であっても力のある企業に売却することが望ましいと考えました。

その証拠に、雇用や市への経済効果を考慮しマウントレースイスキー場をそのまま運営し続けることを条件に売却をしました。

結果、「マウントレースイスキー場」「ホテルマウントレースイ」「ホテルシューパロ」、「ファミリースクールひまわり」を売却した二年後に、他の外資系企業に15億円で転売されたといった形にはなりましたが、雇用や地域の環境は変わることなく今も営業を続けています。

確かに10億円以上の損失に見えるかもしれませんが、一時的に市に十数億円の収入があったとしても、貴重な観光資源をなくし一切の収益が見込めなくなった場合を考えると妥当な選択であったのではないかと思います。

夕張線 攻めの廃線

夕張線は南千歳(旧千歳空港駅)と新得を繋ぐ石勝線の支線で、2019(平成31年)年3月31日当時夕張市長であった鈴木直道市長の提案で廃線となりました。

石勝線は札幌や北海道最大の空港のある千歳と道東の主要都市である帯広や釧路、根室とへ続く根室本線を繋ぐ重要な路線ではありますが、南千歳から新得までの132.4 kmの区間大都市は無く、小さな町が点々としているのみです。

夕張駅はその小さな町が点々とする途中に繋いだ単線のため、夕張の経済破綻後に黒字回復する見込みはありませんでした。

JR線の廃線に伴い、夕張市の交通網は人口の推移状況に合わせた路線変更ができるバスが中心となり、そのバス路線も大幅に見直され市民の負担を軽減する形となりました。

30年近くも昔の高校時代、JRを利用してよく夕張マウントレースイスキー場へ行きましたが、当時から夕張まで乗っている乗客は少なかったと記憶しています。

この夕張線廃線には多数の反対意見もありましたが、乗車率の悪さを改善するには夕張という土地柄も原因の一つとなっており、石勝線から分岐する単線で終着駅とあれば夕張に用事のある人しか必要のない路線となります。

そこは国鉄時代から引き継いだJR北海道の計画性の無さであると言えるでしょうし、たとえ存続をしたとしても赤字を補填するには運賃の値上げをしなければならないでしょう。

それには石勝線だけでは足りず、主要路線である千歳線や函館本線などからも赤字額を補填する形となるでしょうし、そうなれば黒字路線も乗客が減少するでしょうし、すでに運行している北海道新幹線の問題もあります。

利用率が低い街に駅を作り、対策をしないまま赤字運営をしていたのがそもそもの原因で、お年寄りしかいない限界集落に幼稚園を作るような物です。

他にも赤字路線を抱える中で妥当な決断だったのではないでしょうか。

北海道の土地や水源が中国に売られている問題について

鈴木直道氏のツイートに対し、中国に北海道の土地や水源を売ることに反対している道民のコメントが数多く寄せられています。

日本の土地を外国に売ることは、いつか北海道が外国に支配されてしまうのではないかという不安はあります。

しかし、日本の土地は日本の国土であり、売ったところで中国の土地になるわけではありませんから、中国の法律の下で土地開発がされる訳でもないですし、中国人がその土地の所有権を持つだけのことで特に何も変わることはありません。

しかも、中国人が日本の土地を買い漁っているのは、中国が侵略しようとしている訳ではなく、中国に住んでいる富裕層が買った土地を高く売るための投資目的でしかありません。

日本の永住権や国籍の取得はそれほど簡単なものではありませんからね。

中国人に土地を売る訳

現在、世界で最も経済的に力のある国は中国だと思います。

土地というものは転売されて価値が上がるものであって、中国の富裕層が日本の土地を買うことにより、土地の価値は上がりその近隣の地価の活性化にも繋がるので、メリットも多くあります。

もちろん、外国人が多く訪れることによりその国の文化が根付いて日本人が生活しずらい環境になったり治安の悪化が懸念されるといった意見もありますが、日本国内の土地ですから日本の法律の下で犯罪を抑止することはできますから、マイナスなイメージばかりでも無さそうです。

個人的には自分の周りが中国人だらけになるのは嫌ですけどね。

-大人の学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社会人失格 与えることの大切さ

人は生まれてすぐに自分の力だけで生きていくことはできません。 お母さんのおっぱいをもらったりおむつを取り替えてもらったりしてすくすくと育っていき、物心がついてくると学校というところに行って教育を受け少 …

no image

誰よりも早く来て誰よりも遅くまで働くことは無駄でしかありません

一日八時間を超える業務に対しては残業代を支給しなければならないことは法律で決まっていて誰でも知っていると思います。 誰よりも早く出社して、誰よりも遅くまで働けば当然残業手当が付くので給料はアップします …

情熱は貴重な資源(若者に贈る元ニートの寝言)

将来何になりたい?って聞かれて答えられますか? 目標のために学校で勉強したり資格を取ったりと努力をしている人は、この記事は読まなくてOKです。夢に向かってそのまま突き進んで頑張ってくださいね。 でも、 …

no image

「ありがとう」は魔法の言葉

Contents1 ありがとうって簡単に言える言葉2 どのくらい「ありがとう」って言える人がいる?3 でも、自分だって努力してるのに ありがとうって簡単に言える言葉 普段から他人の批判ばかりしている人 …

no image

会社辞めたいヤツ集まれっ!

とうとう本格的に働き方改革が始動しましたね。 働き方改革とは、日本国民全員がより働きやすい環境作りを推進するといった内容ですが、残業減らせとか企業への負担は大きくなりますよね。 まあブラック企業とか社 …