道産子海老(自由形)

変わり者が送る、どこかの誰かに役立つかもしれないブログ 誰も興味を持たないマニアックな記事、自身の病気のこと、趣味のことなどを中心に独自の視線で書いています。 時々ネガティブな発言もありますがご了承ください。

釣り

「ベイトタックル」ロックフィッシュ専用タックルで世界が変わった話

投稿日:

海でのルアー釣り歴はかれこれ15年程になります。

小さなソイやメバルから始まったのがいつのまにかサイズにこだわるようになり、今では50cmを超える根魚を日々追いかけています。

最初は安いセット物で楽しんでいたが

最初はホーマック(北海道のメジャーなホームセンター)で2500円くらいで買ったリール付きのルアーロッドで小さなソイやエゾメバルを釣って楽しんでいました。(ホーマックの安竿と当時シマノから発売されていたロックショットというロックフィッシュ用の竿が似ていたので勝手にマックショットと呼んでいた)

軟竿のため不意に大きなソイが掛かった際に糸が切られることがあり、ナイロンラインからフロロラインに変えたところ、バラすこと自体は減りましたが今度はリールのハンドルが折れたりガイドリングがボロボロになりました。

2シーズン魚を釣りまくりましたからね(笑)

その後、本物のロックショットを購入したりバスロッドで楽しんだりもしましたが、

技術的にも自信がついてきたこともあり、ロックフィッシュ用のロッドとドラグ性能の良いシマノのスピニングリールを買いました。

ホームセンターロッドから昇格し、シマノのソルティースティックにアルテグラ2000番というセッティングで挑んだロックフィッシュは30cmオーバーのソイを連発し(当時は本当に良く釣れた)、しかもタモ無しでぶっこ抜く余裕があります。

ロックフィッシュ用ロッドの第一印象は張りがあって感度が凄い!

大型ソイ特有のワームを吸い込んで捕食する独特のアタリが手に取るようにわかり、それで釣果も急上昇しましたが、40cmを超えてくるとやはり竿が伸され根に潜られるシーンもあり、このタックルではやはりパワー不足を感じていました。

知人に連れて行ってもらった場所で大型アイナメを連発!

ロックフィッシュを釣ることに慣れてきた頃、知人が秘密の場所に連れていってくれました。

そこでは50cmを超えるアイナメを連発しましたが、タックルのパワー不足で中々キャッチに至らず嬉しい反面悔しい思いもしました。

もう少しパワーのあるロッドでラインシステムもフロロからPEに変えよう!

当時シマノから出されていたロックフィッシュ用のロッドにはあまり魅力を感じなかったため、アブガルシアのソルティーステージというロッドを購入しました。

価格は2万円弱だったと思いますが、感度が良いのにバット部分に適度なパワーがあり、40cm程度のアイナメならタモ無しで引き抜けるほどのパワーです。

しかし、リーダーを結ぶ必要があるPEラインのシステムが非常に煩わしいというか、ライン同士の結束が苦手な僕は根擦れで切られる度にイライラしながら時間をかけて結び直している間に時合いを逃してしまうという事態に至ります。

もっとスムーズにラインシステムを組めるようにとインターネットで色々と調べていると、ベイトロッドでロックフィッシュを釣っている動画に辿り着きました。

ベイトタックルでのロックフィッシュは以前から知っていたし、知人の中にもベイトタックルでロックフィッシュを楽しんでいる人もいましたが、それほど興味があったわけでもなく上手な人じゃないとライントラブルも多いし敷居が高いイメージがあり敬遠していました。

ベイトタックルの魅力

スピニングタックルでアブガルシアを使用していたこともあり、ベイトタックルもアブガルシアにしようと考えロックスィーパーのEXHを買いました。

リールはシマノのスコーピオンを買いラインはフロロ14lbを巻いたのでリーダーを結ぶ必要もなく、大物が掛かってもパワー負けしないセッティングとなりました。

ベイトタックルでフロロ14lbを巻いてるので当然飛距離は出ませんが、掛けてしまえばほぼほぼキャッチできますし、寄せがスムーズだとリリースの際の魚のダメージも少なく済みます。

何よりリーダーを結ぶ必要がないのでストレスがかなり軽減されました。

主に苫小牧〜室蘭の沿岸でロックフィッシュを楽しんでいますが、10年以上経ってもまだまだ楽しめる釣りです。

今はスコーピオンもDCリールに昇格しロックスィーパーも二本目となり長さも882EXHとより広範囲に探れる仕様となりましたが、釣果が良くなったかと言えば・・・

今後はボートロックなどもやってみたいと思ってますが、まずは陸っぱりで自己記録の52cmを上回るアイナメを釣りたいですね。

-釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PEラインとリーダーの結束が下手で悩んだ挙げ句

マニアックな記事でごめんなさいね(笑) 去年から本格的に渓流ルアーを始めたのですが、どうせやるならあえてハードルの高いことやろう!ということでベイトフィネスに挑戦した次第であります。 ベイトタックルは …

no image

「2021氷上ワカサギ釣り」自作カスタムロッドで自己記録更新

厳しい寒波も緩み石狩の暴風雪もやっと落ち着いたので前回釣果の良かったサーモンファクトリー裏にお邪魔してきました。   ▼前回の釣行はこちら 「2021ワカサギ釣り」今年もサーモンファクトリー …

「超おススメ」便利な暖房器具で寒さ知らずの氷上ワカサギ釣り

氷上ワカサギ釣りは普段の日常はもちろん、釣りという遊びの中でもテントを設営したり中で料理ができたりとキャンプのような要素もあって結構特殊な部類に入ると思います。 ただ、冬のアクティビティといったところ …

no image

初めての氷上ワカサギ釣り

氷上ワカサギ釣りは湖や川に張った氷に穴を開けて行う釣りですが、シーズンは冬のため厳寒期に合わせた装備が必要になります。 必要最低限の装備でも釣りは可能ですが、快適な釣りをするために少しずつ道具を揃えて …

no image

「渓流ルアー」若いころの夢が一つ叶った

20代前半から後半にかけて渓流でフライフィッシングを行っていました。 支笏湖や千歳川という素晴らしいフィールドが近くにあり、かつてはよく通っていました。 フライを巻くフックやマテリアルを購入するのに市 …